空き家・空き地の活用に必要な知識・お役立ち情報・おすすめサービスをご紹介

空き家や空き地を活用・処分・相続するために知っておいて欲しい知識やサービスをリサーチしご紹介しています。

  • 空き家の維持に困っている人
  • 空き家の固定資産税が高くなるってほんと?
  • 解体以外に手はないのか・・・
  • 空き家が売れない・貸せない

といった空き家の所有者様。

  • 空き家を買いたい人
  • 土地の売買
  • 安い家賃で住みたい

といった空き家を買いたい・借りたいという方々。

両者のお役に立てるサービスにしていければと考えております。

なぜ起こる?なぜ増える?空き家問題

総務省統計局が5年ごとに公開している住宅・土地の統計調査によると、平成25年に空き家数 820万戸空き家率 13.5%となっています。

東京都内でも空き家の増加は問題視されており、区や自治体でも対策を進めています。しかし、それでも空き家が増加するのには様々な原因があり、空き家が増加することで様々な空き家問題が起こっています。

空き家の所有者が不明

高齢化社会であることが、空き家問題に拍車をかけていると言っても良いでしょう。後述の相続問題も一因となっています。

  • 身寄りのない方が空き家の所有者だった
  • 空き家の持ち主(相続した方)と連絡が取れない

個人所有の家屋であれば具体的な改善を行うまでに手続きが必要となります。

  1. 所有者の特定
  2. 空き家の状態改善のための指導、助言
  3. 勧告
  4. 命令
  5. 代執行(所有者負担 50万以下の罰金もあり)

行政代執行・略式代執行で倒壊の危険がある空き家の解体を行うまでに、このような流れを取ることもあります。

膨大な時間と労力がかかり、今後も増え続ける空き家問題を根本的に解決するには至りません。

解体費用の問題から放置

解体には100万円単位でお金がかかるケースが多いため、土地を売る値段よりも高くなることも・・・

そのため、解体を躊躇してしまう空き家の所有者も多いのです。

税金の問題から放置

住居用の家屋が建っていると、固定資産税が軽減される制度があります。
例:200m2までの土地で評価額の1/6となる など

こういった制度があることから、空き家を解体して更地にすると固定資産税が6倍(1/6でなくなる)になってしまうと考え、空き家を放置してしまう・・・
という状況になる方もいらっしゃいます。

最大6倍に!?空き家・特定空家等・空き地の固定資産税の違いとは。

周辺への悪影響

空き家が管理されずに放置されると、周辺に様々な悪影響を及ぼします。

家屋が傾いたり、倒壊して周辺の住居や道路にその一部(外壁や立木、塀などの工作物)が落ちてしまう・・・

著しく景観を損ねたり、ゴミが不法投棄されて異臭の原因になったり、衛生的な問題が生じる・・・

空き家が害虫・害獣の住みかとなり、都市圏でもコウモリ・ハクビシン・アライグマが現れる一因となっているとも考えられています。

相続問題など、空き家対策が進まない原因

空き家の所有者が亡くなり、名義が変更されないままになっているといざ空き家の活用に乗り出す際に苦労することがあります。

相続人が多い

こちらの画像を元に、所有者である父が亡くなった場合について解説します。

空き家の相続者が増えるパターン

父が亡くななると、持ち家の相続人は母・長男・次男の3名ですが、相続・名義変更等を行わずにいると次男が亡くなった際、相続の権利が次男の妻に引き継がれます。

長男が空き家の活用に乗り出す際に母・次男の妻、子の合意が必要です。

このようなケースは亡くなった順も関係し、非常に複雑化します。
遺産”争”
“負”動産

こういったネガティブなワードが生まれてしまう原因とも言えるかもしれませんね。

遺書

現在の持ち家を空き家にしないためにも。
空き家となっても家族が困らないようにするためにも。
将来、実家・持ち家を相続するのは誰なのかを家族で話し合うことも大切ですね。

空き家対策

国も各市町村の自治体も、空き家の増加を食い止め活用を促進するために対策を講じています。

空家等対策の推進に関する特別措置法

空家等対策の推進に関する特別措置法(空き家法 空き家特措法)は、周辺環境に悪影響を及ぼす空き家が増えていることを鑑みて制定されました。

倒壊の恐れなど、危険のある空き家に対する行政代執行や、”特定空き家”に指定された際に固定資産税の軽減措置が得られなくなるなどの制度があります。

空家特措法に基づく行政代執行・略式代執行の事例・実例

空き家バンク

空き家バンクは多くの場合、自治体が空き家を募集し、情報を掲載します。賃貸・売買が個人間のやり取りになる事も多く、対象も年齢制限等が設けられます。

審査等もあり、空き家に関して意識的に取り組んでいる方は活用できますが、所有者が特定できない空き家に関しては登録が難しいでしょう。

補助金・助成金

自治体によって行っているのが空き家の解体・修繕等に対する助成制度です。

空き家の老朽化度合や築年等、条件によっても変わってきますし、上限で〇〇万円と決まっていますが、数十万円単位でお得になることも多いので、空き家の解体・修繕をお考えの方は「〇〇県 + 空き家 解体 補助金」などで検索するか、市区町村に問い合わせてみましょう。

空き家を活用する

年々増える空き家問題に対して続々と対策に乗り出している企業が増えています。空き家ビジネス。空き家活用。

個人で空き家の活用に乗り出すには必要な知識や費用負担が多いため、各種サービスを利用する形が望ましいでしょう。

もし、将来的にご自身で住む事を考えている場合や、空き家を活用して利益を得ることをお考えの場合は、空き家の老朽化を防ぐ維持管理を検討するのが良いでしょう。

賃貸にする

空いた家を賃貸にする。一番分かりやすい方法ではないでしょうか。

老朽化が激しいと、”改修しないと貸せない”(不動産会社に受け入れてもらえない)ため、空き家の修繕やリフォームのため、初期投資が必要になることも多いです。

転貸・借上(カリアゲ)・サブリース

空き家を募集し、業者や借主の負担で空き家を改修・賃貸するといったサービスを提供する企業も増えてきました。

個人で行うよりも賃料は少なくなるかもしれませんが、所有者に負担が少ないケースが多く、管理・集客も依頼できるのは強みと言えるでしょう。

移住者の受入れ

前述の空き家バンクなどは、移住者の受け入れに空き家を提供していることもあり、中には無料 0円で空き家を譲渡してくれるケースもあります。

空き家を解体し、空き地・土地を活用する

空き家を住居(賃貸など)としてではなく、解体してその土地を活用するという方法もあるでしょう。駐車場やトランクルーム、太陽光発電に利用する方法があります。

駐車場

コインパーキングや月極駐車場など、空き地を整備して駐車場にし、収益を得る方法があるでしょう。
近年では、利用していない空き家の駐車場を貸し出すというサービスもあります。
工事費0円で駐車場・コインパーキングをレンタル!?空き地・空きスペース活用サービスのご紹介

トランクルーム 貸倉庫

ガス・水回りなどのライフラインが必要ないため、賃貸物件ほどの初期投資がなく、利回りも高いとされているのがトランクルーム 貸倉庫での空き家・土地活用です。

太陽光発電

設備投資は必要ですが、賃貸契約の手間や集客を考えずに収益化できるのが太陽光発電の大きなメリットではないでしょうか。立地等の条件もありますが、検討の余地がある土地活用方法です。

空き家の片付け・処分・遺品整理

空き家の悩みで以外に多いのが、「両親の住んでいた家に手を入れたくない」「悲しみ、寂しさなどから、手を付けられない」という悩みは多いものです。

片付け 遺品整理

近年メディアでも多く取り上げられるようになったのが”遺品整理”です。
遺品整理は通常の片付けとは異なり、故人や家族の想いに寄り添った対応が求められる分野ではないでしょうか。”遺品整理アドバイザー”といった肩書を持つ団体も現れ、今後も注目されていくことでしょう。

遺品整理についてはこちらをご覧ください。
遺品整理に関する情報一覧

お掃除・特殊清掃

一人暮らしのご老人が増えたことで近年問題視されているのが”孤独死”ではないでしょうか。

お一人で亡くなった場合、数日発見が遅れることもあり、清掃に時間がかかることもあります。こういった時に利用されるのがいわゆる”特殊清掃”と言われる分野です。

空き家の維持管理

空き家は人の出入りがないと急速に老朽化が進みます。湿気やほこりが溜まりやすくなり、水回りは管内の水分が蒸発することで異臭がしたり、虫が発生したりします。

修繕が必要になってもメンテナンスされないため、破損が拡大して人が住めない状態に・・・
こうなると「後から住む」「誰かに貸したい」となった時に修繕の予算が大きくなってしまいます。

定期的な管理

空気の入れ替えや通水(水を出す)といった定期的な管理を行うだけでも家の寿命を延ばすことに繋がるのです。

周辺整備

見回りによって、雑草や立木が周囲に悪影響を及ぼしていないか。ゴミの不法投棄や不法侵入などが行われていないか。

今後利用するために。
”特定空き家”に指定されないために。
空き家の見回りや管理をすることは結果的に大幅な修繕工事や解体費用等を抑えることにもつながるでしょう。

空き家を手放す

もちろん、空き家や空き地の活用せず、手放すという選択肢もあります。

空き家の活用は、委託できるケースもありますがやはり手続きや運営にエネルギーを使うものです。所有している限り、税金もかかります。そういった場合は売却や譲るという選択肢もあるでしょう。

これまで住んできた家。亡くなった両親の住んでいた家。想いの詰まった家を処分するという事は誰しもが躊躇してしまうことです。しかし、空き家の事で悩み、最終的に辛い思いをしてしまうのはご両親も望んでないことでしょう。